企業・団体のエコチャレンジ

企業・団体名 エコチャレンジ
川に学ぼうかいin浦上川
(大橋地区)
浦上川・大橋地区をフィールドとして、清掃や観察などの活動を2ヶ月に1回行っています。
活動を通じて、自由な視点で川に学びながら、自然とのつながり、人と人のつながりを見つめ、私たちのライフスタイルを持続可能(サステナブル)なものに見直すことができるような場づくりを目ざしています。
会には、長崎大学の学生や先生方などを含めて、市内各地のメンバーが参加しています。多くの皆さんの参加をお待ちしています(^^)
川に学ぼうかいin浦上川
(川平地区)
平成23年5月にメンバー20名で浦上川上流の川平町に発足しました。(現在22名)
「地域・人とのつながり(イザ!という時の助け合い!)の輪を広げること」を目的として、年に3~4回程度、地元の自治会や小学校と協働して、おもに浦上川上流の川平地区(長さ約800m)の清掃・伐採活動や自然体験学習活動・災害安全講習を行っています。また、近年では地域の行事(長崎大水害、川平地区慰霊祭)にもサポート参加させて頂いています。
2070年の
NAGASAKIを想う会
本会では、長崎に関する様々な分野における多くの知見を学びながら、開港500年を迎える2070年における長崎のあるべき姿について会員相互が議論します。そして、超長期の地域の将来像を描くとともにそれを共有し、今後に向けた取組みを開始するために必要な指針を作成します。そのため、研究会や勉強会を開催するとともに、ワークショップ等を実施しています