サステナプラザながさき

ホームへ戻る

「令和3年度 第1回 SDGs導入セミナー」開催しました

サステなっちゃん

  • *SDGsでビジネスチャンスをつかもう

  •  
  • 気候変動リスクの高まりとその対策のためパリ協定が発効し、「持続可能な社会」の実現に向けた取り組みが加速しています。また、企業にはESGやSDGsの視点から環境経営を行う等、環境への収り組みが強く重視されています。
  • 環境経営(エコアクション21)にSDGsを組込み、導入するスタートアップセミナーを開催しました。
  •  
  • 経営リスクを回避するとともに 新たなビジネスチャンスを獲得して持続可能性を追求するためのツールとして、SDGsの活用が注目を集めています。またESG投資では、企業の価値判断として「環境・経済・社会」の統合的な取組みを考慮される時代となってきました。企業の社会に与える影響が大きくなっておリ、人権や環境に配慮した行動をとる企業の社会的責任と社会のニーズを反映した経営が強く求められています。
  • 一方、「SDGsは聞くけれど、会社と関係があるのだろうか?どのように経営に組み込めば良いのか解らない」といった疑問が寄せられています。
  • セミナーでは、エコアクションに取組む事業者が、既にESGと関連した活動を行っていることを整理し、エコアクション21経営システムを活用して、SDGsを経営戦略と整合させていく導入手順を提案するものてす。
  •  
  • 研修テーマ 
  • 「企業を取り巻く社会の変化とSDGsについて」講師: N PO法人環境カウンセリング協会長崎 理事長 早瀬隆司
  • 「先進企業の取組み事例発表」講師:リコージャパン株式会社長崎支社 MAIグループ 本田知博
  • 「企業にとってのSDGsとは」講師: NPO法人九州環境カウンセラー協会 真次寛
  •  
  • 日時:令和3年12月8日(水)  13:30 ~ 17:00
  • 会場:サステナプラザながさき( Zoomオンライン開催併用)
  • 参加者:50名(内リモート35名 スタッフ2名、サステナプラザながさきスタッフ3名)
  • 共催: NPO法人環境カウンセリング協会長崎、サステナプラザながさき、エコアクション21地域事務局ながさき
  •  
             
  • SDGs (持続可能な開発目標) 持続可能な社会をつくるため世界が抱える問題を17の目標と169のターゲットに整理したもので2015年国連加盟国193カ国の賛同、同意で採択された。2030年までに政府、企業、社会のあらゆる人々の取組が求められています。
  •  ESG投資 投資の際に企業の取り組みを評価するもの。標準的な定義はないがESGの要素として環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)を考慮するもの。2017年GRIF (年金積立金管理運用独立行政法人)がESG投資に1兆円規模の投資を決めました。

Copyright©SustainaPlazaNagasaki All Rights Reserved

ページトップ