サステナプラザながさき

ホームへ戻る

出前講座「牛乳パックを使ったエコなセンス工作」を開催しました

サステなっちゃん

  • 牛乳パック工作を通して、地球温暖化やリサイクルについて、身近なものとして学ぶことを目的としました。
  •  
  • 参加者が、幼児から小学低学年~高学年や保護者と、幅広い年齢層だったので、みんなに分りやすいように、身近なことがらについて説明しました。
  • 例えば、「牛乳パック6箱分がリサイクルされてトイレットペーパー1個になってまた利用される。」などリサイクルの大切さを説明しました。
  • エコなセンスの工作については、みなさんそれぞれ工夫しながら、一所懸命に上手に作っていたことに、集中力を感じました。
  • 早く終わった人から、センスにマーカーで自由に描いてもらい、みんなに説明してもらいましたが、それぞれ個性豊かな発想が素晴らしいと感じ、今後もいろんな発想を育ててもらいたいと思いました。

  • 日時:令和4年7月30日(土)10:00~12:00
  • 主催:長崎市西公民館 5階 第5研修室
  • 場所:長崎市丸尾町5−5
  • 講師:長崎市地球温暖化防止活動推進員 上原義之
  • 参加:13人(小学生8人 幼児1人 大人4人 )
  •  

Copyright©SustainaPlazaNagasaki All Rights Reserved

ページトップ