サステナプラザながさき

ホームへ戻る

サステナ子どもエコ新聞

サステなっちゃん

サステナ子どもエコ新聞とは?

長崎のいろいろな環境問題やエコについて学べる新聞を作ったよ!
子どもも大人もみんな見てみてね♪

【2月号】
1面 豊かなくらしを続けるために
2面 サステなっちゃんが行く!~わたしたちのくらしと森のつながり~
3面 教えて!カエル先生 湿地や田んぼ(水のある場所)の大切さ
4面 のもざきふしぎしぜん百景
5面 長崎ペンギン水族館だより ペンギンと地球温暖化
6面 みんなで防ごう大量絶滅 恐竜博物館
7面 松本おかんの暮らしのエコ知恵 ~やってみよう!防災ごっこ~
   おうちでエコ~おかたづけで防災~
8面 ものを大切にするくらし 二酸化炭素(CO2)をできるだけ出さないくらし

【10月号】
1面 地球温暖化ってなあに?
2面 地球のために私たちができること
3面 サステなっちゃんが行く!プラスチックゴミのゆくえ
   読んでみてね!おすすめのエコの本
4面 長崎ペンギン水族館ビオトープだより
5面 教えて!カエル先生~カエル編~
6面 のもざきふしぎ自然百景
7面 恐竜の絶滅と私たちにてきること
8面 松本おかんの暮らしのエコ知恵~食べること編~

「エコ新聞」一覧

動画コーナー

現在準備中です。

おすすめのエコの本

つかう? やめる? かんがえよう プラスチック(1月の本)

ぽるぷ出版  田崎 智宏 監修・解説

じょうぶで便利な素材、プラスチックは、わたしたちの暮らしに役立ってきました。しかし、今、捨てられたプラスチックが、世界の海で生き物たちに深刻な問題を引き起こしているのです。この絵本では、プラスチックのすぐれた特性、製造の方法から開発の歴史など、プラスチックの成り立ちを知りながら、使用後の廃棄方法、リサイクル方法とその問題点、海に流れだしたプラスチックごみが生物にあたえる深刻な影響まで、豊富なイラストでやさしく、わかりやすく伝えます。

プラスチックで大パニック(1月の本)

創元社  ロビン・ツイッディ 著

飽きずに読めるプラスチック汚染問題入門。
複雑で難しくなりがちな、地球規模で取り組む必要のあるこれからの環境問題。それらを3つのテーマに絞り、飽きずに読み切れるSF風物語に仕立てた学習本。第2巻はプラスチックによる環境汚染がテーマ。ある日テレビを見ていると、突然未来に住むテリーが画面に現れ、深刻な近未来のプラスチック汚染の実態と地球破滅の危機を紹介します。そして、地球を救うための具体的な対策と仲間を紹介しつつ、行動に移ることを勧めるのです。

海のプラスチックごみ 調べ大事典(1月の本)
旬報者   保坂 直紀 著

いま話題の環境問題をイラストや 写真でわかりやすく説明。 プラごみ解説本の決定版!

地球が危ない!プラスチックごみ
①海洋プラスチック〜魚の量をこえる!?

幸運社/編  高田秀重、WWFジャパン/協力

私たちの周りには本当にたくさんのプラスチック製品があります。ところがそれがゴミになったとたん膨大な量となって地球環境を破壊してしまいます。1巻では海洋プラスチックが地球生物に与える悪影響の実態に迫ります。

「おすすめのエコの本」一覧
Copyright©SustainaPlazaNagasaki All Rights Reserved

ページトップ